フロアコーティングはどう施工するか

###Site Name###

住宅を新築したり新築建売住宅を購入したら、傷や汚れなどのメンテナンスを少なくする為にフロアコーティングをしておく事を勧めます。

それではどの様に施工したらよいか、自分たちでできる方法を考えてみましょう。

まずフロアコーティングは引っ越しをする前、つまり家具や荷物の入る前の何もない状態の時に施工します。

家具や荷物があると施工がやりにくく、家具や荷物にコーティング剤をつける事が考えられるからです。

原則和室を除くフロア張りに洋室や塩ビシート張りの洗面所など全てにフロアコーティングをするようにしましょう。

材料や道具はホームセンターなどで販売しているので、係の人に聞いて必要なものを全て準備しましょう。

施工前に各部屋に埃やゴミがないかを確認し、埃などあったら事前にきれいに掃除をします。


水拭きなどをした場合は水分が完全に乾くまで待って施工しましょう。


次に巾木や壁の部分にコーティング剤が付かないように、養生テープを張って養生をしておきましょう。



風通しの良いほうが乾きが早いので窓を開けたほうが良いですが、虫やホコリの入らないように網戸は閉めておきましょう。

人気な日本経済新聞の情報探しをお手伝い致します。

手順としては部屋は出入り口の一番奥のほうから、廊下などは玄関から一番遠い場所から施工します。

奥から手前に後ろ向きでフロアコーティングをすると、出口までスムーズに施工できるのです。

千葉のフロアコーティングのマニアックな情報をお届けします。

一度に厚塗りをすると斑が出来たりして綺麗に出来ないので、薄く何回かに分けて塗る事がフロアコーティングをきれいに仕上げるコツです。