フロアコーティングのデメリット

###Site Name###

ひとくちにフロアコーティングと言っても、とことん引っ掻き強さを追求したガラスコーティングや、強靭さではなくメンテナンスの手軽さを売りにしたワックスコーティングなどがあります。
そんな中、ある程度の引っ掻き強さと耐衝撃性・耐薬品性を兼ね備えたUVコーティングも一定の人気を誇っています。

そもそもUVコーティングとは、「紫外線硬化樹脂」と呼ばれる紫外線のような短波長の電磁波で硬化する物質を使ってフローリングをフロアコーティングする施工法です。

紫外線硬化樹脂は歯医者で歯の詰め物の固定に利用されるほど耐衝撃性と耐薬品性が強く、かなりの硬度も持っています。
現実には起こり得ないでしょうが、ガラスコーティングはフッ酸をこぼしてしまうと溶解してしまいます。


しかし紫外線硬化樹脂ならばフッ酸だろうが塩酸だろうが、はたまた水酸化ナトリウム水溶液であろうが溶けません。また、硬度も5H程度とかなり頑丈で、耐衝撃性も歯科医の御墨付です。

東京のフロアコーティングに関するお役立ち情報サイトです。

しかしそんな紫外線硬化樹脂には致命的なデメリットがあります。



それはコストの高さ。

材料費だけてガラスコーティングの1.5倍するとも言われており、とても「手軽に」フロアコーティングはできません。
また、硬化には一定時間が必要です。
なので施工に時間がかかってしまうのも欠点です。
しかしそんな欠点やデメリットを含めた上でUVコーティングのスペックは魅力的です。

朝日新聞デジタル情報は初心者にも分かりやすいです。

予算が許せば、検討をするのも良いのではないでしょうか。